admin のすべての投稿

FXでは分析が大事

FXでも状況を分析するための方法というのがあるわけですが、それら為替レートの動きを予測しようとすることをテクニカル分析と言います。
テクニカル分析には主にトレンド系とオシレーター系という二つの種類があります。トレンド系ということになりますとこれは全体のトレンドを読もうとするものであり、分析の指標としては移動平均線やボリンジャーバンドなどがあります。移動平均線がやはりトレンド分析の中でも最もポピュラーなやり方であり代表格と言えるでしょう。
オシレータ系というのは変化の大きさを見ようとするものであり、為替レートの変化の幅が大きくなればなるほどをオシレータ系の分析指標の値も大きくなるという特徴があります。.
一般にテクニカル分析は中長期的なものであり、オシレーター分析は短期または目先の予測に使われるということが多いです。
ですから、どちらかと言いますとレバレッジを高くかけて外国為替証拠金取引をしようとしている人たちにとっては、オシレーター系の分析の方が重要ということになります。これらの分析指標は例えば、相対力指数とかストキャスティクスとMACDとなります。
MACDとは日本語で言えば、移動平均収束拡散トレーディング手法と呼ばれるものです。これが短期的なトレードしようとしているのであれば、まず知っておくべき手法の一つにあります。
移動平均線はトレンドの動きに追従する形で現在のトレンドの方向や転換を確認することを目標にしたものであるわけですが、これは相場の買われすぎ売られすぎなどに注目をして、相場の反転ポイントなどを見極めようというタイプのトレード手法になります。
この反転ポイントを狙ってトレードをするということがかなり重要になりますから、FXで特に短期的な取引をするときには知っておくべき事であると言えるでしょう。
どんなやり方でFXで利益を出そうと考えているのか、ということによって利用するべき分析法というのは違ってくることになります。
一つだけ覚えるというのも悪いわけではないですが、できればそれなりに複数のやり方を覚えておきましょう。実際に使うかどうかというのは別にしても、知っておくことには価値があるでしょう。
FXは当然ながら勘でやるようなことではないです。ですから、しっかりとした分析によってそれなりの根拠で取引をするようにしましょう。それが短期的な予想なのか、長期的なものかはともかくとして重要なことです。